House.gif (17647 バイト)RESEARCH   Update: 12/27/2006

Go to Publications

 

兵庫県南部地震の実被害データに基づく建物被害評価に関する研究(1996-2002
Study on Building Damage Estimation based on the Actual Data due to the 1995 Hyogoken Nanbu Earthquake

1999年11月に東京大学に提出された学位論文.
兵庫県南部地震により被害を受けた建物被害データを用いて,建物被害評価法の比較,建物被害関数,建物倒壊危険度に関する研究を行い,かつ防災環境都市デザイン手法MUSEThe Method of Urban Safety Analysis and Environmental Design)を提案し,研究成果を用いた防災的観点からの将来的な都市ビジョンを示した.

兵庫県南部地震の実被害データに基づく建物被害評価に関する研究
(学位論文PDFファイルのダウンロード可)

建築物の地震被害予測と都市防災計画
Earthquake Damage Estimation for Buildings and Urban Disaster Mitigation Planning

地震被害想定や早期被害推定システムに用いられている建築物の被害推定式の精度向上を目指して,兵庫県南部地震による詳細な被害調査データを収集し,地理情報システムに取り込んで,さまざまな相関分析を行っている.推定地震動分布と照合して構築した建物被害推定式を用いて,想定地震に対するミクロな地震被害予測を行うとともに,地域の防災性向上やまちづくりに対する提案を行っている.

兵庫県南部地震における建物被害分析
都市防災における地理情報システム

地震災害情報データベースの構築(1995-1998
Development of Earthquake Disaster Information Database

阪神・淡路大震災後,「阪神・淡路大震災の復旧・復興支援のための研究者連絡会(略称KOBEnet)」を組織し,震災に関連する学術情報の収集・発信,学術ボランティア活動,外国からの研究者の対応等にあたってきた.また,全国的な研究者連絡網を作り,震災や地域防災に関する情報交換をインターネットなどを通して密に行っている.このKOBEnetの活動を継続して,わが国における地震災害情報のデータベース化を目指している.

KOBEnet

 

東京大学生産技術研究所 防災マニュアル(1997
Effective Disaster Management Manual of IIS, University of Tokyo

阪神・淡路大震災後,生産技術研究所の「防災対策専門委員会」では防災関連の規則や災害時の組織をより実際的なものに改めるため,度重なる審議を行ってきたが,事務系職員と各部のメンバーによるワーキンググループの手により防災マニュアルが完成した.防災マニュアルを作成する上で有効と思われる手法およびそれに基づく組織の運営法について,実際の体験を踏まえながら研究している.

防災マニュアル作成に関する考察

 

建築空間・公共空間・都市デザイン分析
Analysis of Architectural Space and Urban Design

21世紀を間近に控え,建築・デザイン分野において新たなテーゼが求められている.快適性・安全性・機能性を備えた都市づくりをめざして,環境・防災・デザインをキーワードとした都市空間,公共空間および建築空間の研究を行っている.これまでに安藤忠雄の建築空間および建築デザイン会議’95での各建築家・芸術家によるインスタレーションを分析してきた.地域によって異なる災害文化の中で人類が育んできた空間を分析することにより新たなデザイン手法を構築していきたい.

1999年は,これまでの研究成果を生かし,MUSE(Method of Urban Safety Analysis and Environmental Design)の提案をした.

MUSE




House.gif (17647 バイト)Publications

Update: 03/12/15

いくつかの主要論文は,PDFファイルとして提供されています.
各項目をクリックすることにより,PDFファイルがウィンドウ上に開かれます.必要に応じてダウンロードしてください.
PDFファイルはAdobe Acrobat 4.0で作成されているため,ファイルを読むためには,4.0版以上のAcrobat Readerが必要です.
Acrobat Readerの最新版は下記のサイトからダウンロードできます.

Get Acrobat Reader

 

学位論文

村尾修:兵庫県南部地震の実被害データに基づく建物被害評価に関する研究,Study on Building Damage Estimation based on the Actual Damage Data due to the 1995 Hyogoken Nanbu Earthquake,東京大学学位論文,226,1999.11
<<PDF: p. 226, 6.78MB>>

 

修士論文

村尾修:安藤忠雄の建築空間特性及び動線に沿った展開に関する研究,A Study on Space Characteristics and Development of Circulation of Architectures Designed by TADAO ANDO,横浜国立大学修士論文,78,1992.3

 

欧文学会誌

 

邦文学会誌

村尾修,山崎文雄:兵庫県南部地震における建物被害調査の比較,A Comparison of Standards for Building Damage Evaluation after the 1995 Hyogoken-Nanbu Earthquake,第10回日本地震工学シンポジウム,3229-3234,1998.11

村尾修,山崎文雄:兵庫県南部地震における建物被害の自治体による調査法の比較検討,Comparison of Building Damage Evaluation by Local Governments after the 1995 Hyogoken-Nanbu Eearthquake,日本建築学会計画系論文集,日本建築学会,No. 515, 187-194,1999.1
    2002年日本建築学会奨励賞受賞
<<PDF: 205KB>>

村尾修,山崎文雄,目黒公郎:芦屋市をモデルとした兵庫県南部地震による建物被害評価の変換法,Conversion of Fragility Curves for Buildings in Ashiya City due to the 1995 Hyogoken-Nanbu Earthquake,日本建築学会計画系論文集,日本建築学会,No. 519,203-210,1999.5
<<PDF: 191KB>>

村尾修,山崎文雄:構造・建築年を考慮した建物被害データに基づく灘区の地震動分布の再推定,Re-Estimation of Strong Ground Motion in Nada Ward based on Inventory and Building Damage Data,日本建築学会構造系論文集,日本建築学会,No. 523,141-148,1999.9
<<PDF: 394KB>>

村尾修,山崎文雄:自治体の被害調査結果に基づく兵庫県南部地震の建物被害関数,Development of Fragility Curves for Buildings based on Damage Survey Data of a Local Government after the 1995 Hyogoken-Nanbu Earthquake,日本建築学会構造系論文集,日本建築学会,No. 527,189-196,2000.1
<<PDF: 164KB>

村尾修,田中宏幸,山崎文雄,若松加寿江:兵庫県南部地震の被害データに基づく建物倒壊危険度評価法の提案,New Method for Building Collapse Risk Assessment based on Damage Data due to the 1995 Hyogoken-Nanbu Earthquake,日本建築学会構造系論文集,日本建築学会,No.
<<PDF: 763KB>>

村尾修,山崎文雄:都市解析手法MUSEの提案と都市デザインにおける役割,Proposal of MUSE and Its Role in the Field of Urban Design,日本建築学会技術報告集,日本建築学会,No. 12,177-182,2001.1
<<PDF: 868KB>>

村尾修,山崎文雄:震災復興都市づくり特別委員会調査データに構造・建築年を付加した兵庫県南部地震の建物被害関数,Building Fragility Curves for the 1995 Hyogoken-Nanbu Earthquake based on CPIJ & AIJ’s Survey Results with Detailed Inventory,日本建築学会構造系論文集,日本建築学会,No. 555,185-192,2002.5
<<PDF: 1219KB>>

村尾修,佐伯琢磨,小嶋伸仁,宇治田和,加藤孝明,山崎文雄:世田谷区の住宅地を対象とした木造住宅の耐震診断調査,Seismic Diagnosis of Wooden Houses in Residential Area of Setagaya Ward, Tokyo, 第11回日本地震工学シンポジウム論文集,2113-2118,2002.11
<<PDF: 196KB>>

加藤孝明,小宮充豊,亀野弘昭,佐伯琢磨,村尾修,山崎文雄,小檜山雅之: 墨田地区と世田谷地区を対象とした居住者の地震リスク認識の地域特性の理解,Understanding the Local Characteristics of Earthquake Risk Awareness of Residents in Sumida and Setagaya, 第11回日本地震工学シンポジウム論文集,2423-2428,2002.11
 
<<PDF: 141KB>>

中谷典正,村尾修:地方都市における小規模自治体の実情を踏まえた地域防災計画作成手法の提案,Proposal of Planning Process of Local Plan for Disaster Prevention for Small-Scale Local Governments, 地域安全学会論文集,地域安全学会,No. 4,325-334,2002.11
<<PDF: 161KB>>

村尾修,市古太郎,中林一樹,王雪文,満田弥生:集集鎮における1999台湾集集地震の復興調査報告,The 1999 Chi-Chi Earthquake Report on the Process of Reconstruction in Chi-Chi, Taiwan,日本建築学会技術報告集,日本建築学会,No. 17,541-546,2003.6
<<PDF: 277KB>>

伊藤壮志,村尾修:高齢者世帯における地震時の家具転倒危険性の実態に関する研究,Study on Strategy for the Seismic Risk Mitigation in Dwellings in the case of the advanced Generation,地域安全学会論文集,地域安全学会,No. 5 ,87-94,2003.11
<<PDF: 261KB>>

中谷典正,村尾修:テクニカルライティングを用いた市町村のための防災マニュアル作成手法の提案,A Methodology on Disaster Management Manual for Towns and Villages Using Technical Writing Method,地域安全学会論文集,地域安全学会,No. 5 ,285-292,2003.11
<<PDF: 138KB>>

狩谷のぞみ,村尾修:阪神・淡路大震災後の応急仮設住宅の供給と建設過程の比較研究,Comparison of Supply and Construction Process of Temporary Housing after Hanshin-Awaji Earthquake Desaster,地域安全学会論文集,地域安全学会,No. 5,309-318,2003.11
<<PDF: 141KB>>

村尾修:1999年台湾集集地震後の集集鎮における災後重建綱要計画と空間復興モデルを用いた公共空間の復興過程,Reconstruction Process of Public Space and the Essential City Planning of Chi-Chi Area after the 1999 Chi-Chi Earthquake,日本建築学会計画系論文集,日本建築学会,No. 586,97-104,2004.12
<<PDF: 487KB>>

村尾修,岩本宜式:コンビニエンスストア各社の防災対策とその立地を考慮した川崎市におけるコンビニ寄与度マップの作成,Disaster Response Plans by the Convenience Stores and Their Regional Contribution Map of Kawasaki City,日本建築学会計画系論文集,日本建築学会,No. 594,77-84,2005.8
<<PDF: 275KB>>

狩谷のぞみ,村尾修,熊谷良雄,糸井川栄一:実データに基づく耐震補強費用の実態と耐震性能向上効果,Cost Performance of Earthquake-Resistant Reinforcement Work for Wooden Housing Based on Actual Construction Data,地域安全学会論文集,地域安全学会,No. 7,263-272,2005.11
<<PDF: 122KB>>

村尾修:1999年台湾集集地震後の集集鎮における空間的変容と復興再建過程,日本建築学会計画系論文集,日本建築学会,No. 607,95-102,2006.9

仲里英晃,村尾修:2004 年スマトラ沖津波後のスリランカにおける恒久住宅建設過程の地域間比較,日本都市計画論文集,日本都市計画学会,No. 41-3,689-694,2006.10

村尾修,仲里英晃:スリランカにおける2004年インド洋津波被災地の復興状況調査報告 - 2005年11月時点でのゴール・マタラ・ハンバントタの事例 -,日本都市計画論文集,日本都市計画学会,No. 41-3,683-688,2006.10

中谷正典,村尾修:インターネット等を活用した地方自治体向け危機管理情報発信システムの提案,地域安全学会論文集,地域安全学会,No. 8,357-366,2006.11

国際会議論文

Murao, O., Tanaka, H., and Yamazaki, F.: "Comparison of Building Collapse Risk and Actual Building Damage due to the 1995 Kobe Earthquake," Proceedings of the 6th Japan/United States Workshop on Urban Earthquake Hazard, 95-98, Kobe, Japan. 1999.1

Murao, O., and Yamazaki, F.: "Development of Fragility Curves for Buildings Based on Damage Data due to the Hyogoken-Nanbu Earthquake," Proceedings of the Asian-Pacific Symposium on Structural Reliability and its Applications, 259-269, Taipei, Taiwan. 1999.2

Tanaka, H., Murao, O.. and Yamazaki, F.: "New Method for Building Collapse Risk Assessment Based on Damage Data due to The 1995 KOBE Earthquake," Proceedings of the 20th Asian Conference on Remote Sensing, Vol. 2, 871-876, Hong Kong, 1999.11

Murao, O., and Yamazaki, F.: "Use of GIS for the Method of Urban Safety Analysis and Environmental Design," Proceedings of the 20th Asian Conference on Remote Sensing, Vol. 2, 951-956, Hong Kong, 1999.11
<<PDF: 3,317KB>>

Murao, O., Tanaka, H., and Yamazaki, F.: "Risk Evaluation Method of Building Collapse from the Experience of the Kobe Earthquake," 12th World Conference on Earthquake Engineering, CD-ROM, No.2312, 8p, Auckland, New Zealand, 2000.1
<<PDF: 689KB>>

Yamazaki, F., Toki, K., Morikawa, H., Fukuwa, N., Tobita, J., Murao, O., Noda, S., Kiyono, J., Meguro, K., Katayama, T., Sekozawa, T., Kurisu, H., Fukumoto, T., Usui, T., and Matsuoka, M.: "Real-Time Control System for Civil Infrastructures during a Seismic Disaster," Confronting Urban Earthquakes, Report of Fundamental Research on the Mitigation of Urban Disasters caused by Near-Field Earthquakes, 210-262, Mexico, 2000.3

Yamazaki, F., and Murao, O.: "Vulnerability Functions for Japanese Buildings based on Damage Data due to the 1995 Kobe Earthquake," Implications of Recent Earthquakes on Seismic Risk, Vol. 2, 91-102, London, UK. 2000.4

Yamazaki, F., and Murao, O.: "Fragility Curves for Buildings in Japan based on Experience from the 1995 Kobe Earthquake," #, ##-##, Berkeley, USA. 2000.#
<<PDF: 182KB>>

Umemura, K., Murao, O., and Yamazaki, F.: "Development of GIS-Based Building Damage Database for the 1995 KOBE Earthquake," Proceedings of the 21st Asian Conference on Remote Sensing, Vol. 1, 389-394, Taiwan, 2000.12

Murao, O., and Yamazaki, F.: "Prospect for the Method of Urban Safety Analysis and Environmental Design," Proceedings of the 21st Asian Conference on Remote Sensing, Vol. 2, 1155-1160, Taiwan, 2000.12
<<PDF: 371KB>>

Murao, O., Ichiko, T., and Nakabayashi, I.: " The Process of Recovery and Reconstruction in Chi-Chi Area after the 1999 Chi-Chi Earthquake, Taiwan," Proceedings of the 7th Japan/United States Workshop on Urban Earthquake Hazard, #-#, Maui, Hawaii, USA. 2003.3 (in Printing)

Kohiyama, M., Ujita, N., Murao, O., Kato, T., and Yamazaki, F.: " Evaluation of Seismic Diagnosis Methods for Wooden Housing Intended for Web Service," Proceedings of the 7th Japan/United States Workshop on Urban Earthquake Hazard, #-#, Maui, Hawaii, USA. 2003.3 (in Printing)

狩谷のぞみ,村尾修:日本重大災害事件中應急性臨時住宅建設過程之比較研究,台湾・日本・土耳其震災復原重建研究会,國家地震工程研究中心,台湾,2003.9

Murao, O., Ichiko, T., and Nakabayashi, I.:"Evaluation of Building Reconstruction Process in Chi-Chi Area based on a GIS-Database after the 1999 Chi-CHi Earthquake, Taiwan," 13th World Conference on Earthquake Engineering, CD-ROM, No.174, 12p, Vancouver, Canada, 2004.8
<<PDF: 824KB>>

Murao, O.: "Structure of Post-earthquake Recovery Process after the 1999 Chi-Chi Earthquake -A Case Study of Chi-Chi," Proceedings of the International Symposium on City Planning, pp.164-175, Taipei, Taiwan. 2006.8

 

著書

村尾修:安藤忠雄の建築空間特性及び動線に沿った展開に関する研究,A Study on Space Characteristics and Development of Circulation of Architectures Designed by TADAO ANDO,p. 78,1994.11.

Yamazaki, F., and Murao, O.: "Vulnerability Functions for Japanese Buildings based on Damage Data due to the 1995 Kobe Earthquake," Implications of Recent Earthquakes on Seismic Risk, Series of Innovation in Structures and Construction, Vol.2, pp.91-102, Imperial College Press, 2000.4

村尾修(共著):1999年台湾・集集地震災害調査および応急復旧技術資料 −1999年台湾・集集地震第I編災害調査報告−,日本建築学会,234,2000.11

村尾修,中谷典正(共著):「第三部 災害と住居(雲仙普賢岳)」を担当,マンション居住 住宅白書2002-2003,日本住宅会議編,ドメス出版,319-324,356,2002.5

村尾修訳(ラザフォード H. プラット著):サンフランシスコ湾岸巨大都市の自然災害 −地震・強風・大火との闘い‐,(中林一樹監訳,ジェイムスK.ミッチェル編):巨大都市と変貌する災害 メガシティは災害を産み出すルツボである,古今書院,2006.1

村尾修(共著): 1.記憶と継承 都市復興アーカイブズの構築に向けて アーカイバル・サイエンスとしての都市復興の記述,復興まちづくりの時代―震災から誕生した次世代戦略,造景新書,建築資料研究社,62-65,129,2006.9

 

国内講演概要

村尾修,竹下裕明,佐土原聡,村上處直:横浜市中心部のライフラインの信頼性評価に関する研究 −都市における直下型地震を前提とした高度社会システムの構築に関する基礎的研究その1−,Study on Evolution of Lifeline into center of Yokohama City,1991年度日本建築学大会(東北)学術講演梗概集D,日本建築学会,1283-1284,1991.9

村尾修,佐土原聡,村上處直:安藤忠堆の建築空間特性及び動線に沿った展開に関する研究,A Study on Space Characteristics and Development of Circulation of Architectures Designed by TADAO ANDO,1992年度日本建築学大会(北陸)学術講演梗概集F,日本建築学会,1299-1300,1992.9

村尾修,佐土原聡,村上處直:阪神・淡路大震災を教訓とした防災都市横造計画のあり方に関する考察,A Study on the Principle of Urban Safety Planning Based on Hanshin−Awaji Island Earthquake Disaster,1995年度日本建築学大会(北海道)学術講演梗概集F-l,日本建築学会,413-414,1995.8

村尾修:防災都市構造計画に関する研究 その1−都市の地形と人口規模との関係−,1995年地域安全学会論文報告集,地域安全学会,411-418,1995.11

相馬仁,村尾修,佐土原聡,村上處直:自治体における地震災害対応GIS(地理情報システム)のあり方に関する研究,A Study on GIS in Local Governments,1996年度日本建築学大会(近畿)学術講演梗概集Fl,日本建築学会,189-190,1996.9

村尾修:災害情報データベースの活用可能性に関する研究 その1−事故災害発生サイクルに関する研究−,1996年地域安全学会論文報告集,地域安全学会,397-404,1996.11

村尾修,山崎文雄:兵庫県南部地震における灘区の建物被害分析,第24回地震工学研究発表会論文集,1261-1264,1997.7

村尾修,山崎文雄:兵庫県南部地震による灘区の建築物被害マクロ分析,Macro-analysis on Building Damage in Nada Ward due to the Hyogoken-Nanbu Earthquake,1997年度日本建築学大会(関東)学術講演梗概集F-l,日本建築学会,829-930,1997.9

村尾修,山崎文雄:防災マニュアル作成に関する考察,A Consideration on Effective Disaster Management Manual,1997年地域安全学会論文報告集,地域安全学会,416-421,1997.11

村尾修,山崎文雄:兵庫県南部地震における北淡町の建物被害分析,Analysis on Building Damage in Hokudan-cho due to the Hyogoken-Nanbu Earthquake,第2回都市直下地震災害総合シンポジウム論文集,文部省科学研究費補助金重点領域研究「都市直下地震」総括班,367-370,1997.11.

村尾修,山崎文雄:兵庫県南部地震による建物被害判定の比較 −芦屋市をモデルケースとして−,A Comparison of Building Damage Evaluation due to the 1995 Hyogoken-Nanbu Earthquake, The Case of Ashiya City, 1998年度日本建築学大会(九州)学術講演梗概集F-1,日本建築学会,789-790,1998.9

田中宏幸,村尾修,山崎文雄:東京都の方法による灘区の建物倒壊危険度と実被害との比較,Comparison between Building Collapse Risk Evaluated by the Method of Tokyo Metropolitan Government and Actual Damage in Nada Ward,第3回都市直下地震災害総合シンポジウム論文集,文部省科学研究費補助金重点領域研究「都市直下地震」総括班,399-402,1998.10.

村尾修,山崎文雄:兵庫県南部地震による芦屋市の建物被害調査結果の比較検討,Comparison of Building Damage Evaluation in Ashiya City After the 1995 Hyogoken-Nanbu Earthquake,第3回都市直下地震災害総合シンポジウム論文集,文部省科学研究費補助金重点領域研究「都市直下地震」総括班,331-334,1998.10.

村尾修,山崎文雄:兵庫県南部地震における自治体の建物被害調査と建築コストとの比較,Comparison of Building Damage Evaluation by Local governments and Actual Construction Cost,1998年地域安全学会論文報告集,地域安全学会,164-167,1998.10

山崎文雄,村尾修,目黒公郎,中埜良昭:災害情報の共有化を目指して −KOBEnetの3年半の活動−,An Earthquake Disaster Information Network for Researchers: Activities of KOBEnet in the Period of 1995-1998,1998年地域安全学会論文報告集,地域安全学会,20-23,1998.10

村尾修,田中宏幸,山崎文雄,若松加寿江:兵庫県南部地震の実被害に基づく建物倒壊危険度評価法,第25回地震工学研究発表会論文集,1109-1112,1999.7

村尾修,山崎文雄:兵庫県南部地震の実被害データに基づく灘区の地震動分布と建物被害関数,第25回地震工学研究発表会論文集,1101-1104,1999.7

小川直樹,山崎文雄,村尾修:建物被害データに基づく明石市の地震動分布推定,第25回地震工学研究発表会論文集,45-48,1999.7

村尾修,山崎文雄:自治体データに基づく兵庫県南部地震の建物被害関数,Development of Fragility Curves for Buildings Based on Damage Survey data of a local Government after the 1995 Hyogoken-Nanbu Earthquake,1999年度日本建築学大会(中部)学術講演梗概集F-1,日本建築学会,809-810,1999.9

田中宏幸,村尾修,山崎文雄,若松加寿江:兵庫県南部地震の実被害に基づく建物倒壊危険度ウェイト設定手法,New Weights for Building Collapse Risk Assessment based on Damage Data due to the 1995 Hyogoken-Nanbu Earthquake,1999年度日本建築学大会(中部)学術講演梗概集F-1,日本建築学会,811-812,1999.9

田中宏幸,村尾修,山崎文雄:実被害データに基づく新建物倒壊危険度の提案,土木学会第54回年次学術講演会講演概要集I-B,土木学会,92-93.,1999.9

小川直樹,山崎文雄,村尾修:明石市の建物被害調査に基づいた地震動分布の推定,土木学会第54回年次学術講演会講演概要集I-B,土木学会,204-205.,1999.9

村尾修,山崎文雄:建物倒壊危険度を用いた都市解析手法の提案,Proposal for the Method of Urban Safety Analysis and Environmental Design using the Building Collapse Risk Assessment,第4回都市直下地震災害総合シンポジウム論文集,文部省科学研究費補助金重点領域研究「都市直下地震」総括班,561-564,1999.1

村尾修,山崎文雄:3次元GISを用いた都市解析手法MUSEの提案,Proposal for the Method of Urban Safety Analysis and Environmental Design using Arc View 3D Analyst,1999年地域安全学会論文報告集,地域安全学会,72-75,1999.11
<<PDF: 226KB>>

村尾修,小川直樹,長谷川弘忠,山崎文雄:台湾地震による集集地区の被害,Damage Report on Chi-Chi Area in the 1999 Taiwan Earthquake,1999年地域安全学会論文報告集,地域安全学会,246-249,1999.11

梅村幸一郎,村尾修,山崎文雄,西村明儒:GISを用いた灘区における人的被害と建物被害の相関分析,GIS Analysis on the Relationship between Human Casualties and Building Damage,1999年地域安全学会論文報告集,地域安全学会,64-67,1999.11

村尾修,山崎文雄:都市デザインにおける都市解析手法MUSEの意義,Significance of MUSE in the Field of Urban Design,2000年度日本建築学大会(東北)学術講演梗概集F-2,日本建築学会, 569−570,2000.9

村尾修:地震防災から見た3次元都市空間データへの期待,Expectation of 3D Spatial and Multi-media Data for Urban Safety Planning,第3回都市の3次元マッピングに関する国際ワークショップ(UME'2000)「3次元都市空間データの利用と標準化」予稿集,10,2000.

梅村幸一郎,村尾修,山崎文雄:建物被害想定における建物属性の最適分類区分に関する考察,土木学会第55回年次学術講演会講演概要集I-B282,土木学会, 564−565,2000.9

村尾修,山崎文雄:都市解析手法MUSE実現への展望,Prospect for Realization of the Method of Urban Safety Analysis and Environmental Design,2000年地域安全学会梗概集,地域安全学会,73-76,2000.11

村尾修,山崎文雄:震災復興都市づくり特別委員会調査データに基づく兵庫県南部地震の建物被害関数,第26回地震工学研究発表会論文集,1441-1444,2001.8

村尾修,山崎文雄:建物被害関数結果に基づく兵庫県南部地震の建物被害関数,第一回日本地震工学研究発表・討論会梗概集,地震工学会,156,2001.11

村尾修:阪神・淡路大震災時における建物被害調査,日本建築学会地震防災総合研究特別研究委員会都市防災・復興方策小委員会/都市計画委員会・都市防災システム小委員会合同公開研究会「被災直後の被害調査のあり方をめぐって」,2002.

市古太郎,福留邦洋,薬袋奈美子,村尾修,中林一樹:台湾集集鎮における921地震災害からの市街地復興と被災者住宅再建支援策について,A Case Study on Post Earthquake Urban and Housing Reconstruction at Chi-Chi, Taiwan – Comparative Studies on Urban Reconstruction Process after Earthquake among Turkey, Taiwan and Japan -,2002年度日本建築学大会(北陸)学術講演梗概集F-1,日本建築学会, 233−234,2002.8

糸井川栄一,熊谷良雄,村尾修,岡本直久,小田淳一,菅原康司:都市域における火山噴火による降灰被害の連鎖構造に関する研究 −雲仙普賢岳噴火災害時の島原市を対象として−,A causal flow of urban functional damage caused by volcanic ash fall in an urban area - Case study of Shimabara City damaged by eruption of Unzen Volcano -,2002年地域安全学会梗概集,地域安全学会,9-12,2002.11

福田清乃,村尾修,熊谷良雄:水害常襲地域における住民の防災意識の風化に関する研究,Study on the forgetting of disaster awareness in flood prone area,2002年地域安全学会梗概集,地域安全学会,35-38,2002.11

村尾修:都市防災性能評価尺度としての防災復興相環モデルの試案,Tentative Cyclo-Model to Systematize Diverse Aspects concerned with Disaster Reduction and Urban Reconstruction,2002年地域安全学会梗概集,地域安全学会,151-154,2002.11

市古太郎,村尾修,中林一樹:台湾集集鎮における921地震災害からの市街地復興過程の空間的様相 日本・トルコ・台湾,震災復興過程の国際比較研究その11,Spatial Characteristics of Reconstruction Process in Chi-chi, Nantou, Comparative Studies on Urban Reconstruction Process after Earthquake among Turkey, Taiwan and Japan,2003年度日本建築学大会(東海)学術講演梗概集F-1,日本建築学会,465-466,2003.9

狩谷のぞみ,村尾修:災害事例ごとの応急仮設住宅の建設過程の比較,Comparison of Construction Process for Temporary Housing in Japan,2003年度日本建築学大会(東海)学術講演梗概集F-1,日本建築学会,443-444,2003.9

市古太郎,村尾修,中林一樹:地方小都市集集における921大震災市街地復興の経緯と個別住宅再建問題の構図 日本・トルコ・台湾,震災復興過程の国際比較研究 その14,A study of Town Renewal process and terraced house reconstruction from 921 earthquake in Chichi, Taiwan,2004年度日本建築学大会(北海道)学術講演梗概集F-1,日本建築学会,341-342,2004.8

志田勝史,村尾修:地域の建物倒壊危険性に対する住民の意識構造に関する研究,Research on consciousness of inhabitants in Sumida and Setagaya area for the building collapse risk,2004年度日本建築学大会(北海道)学術講演梗概集F-1,日本建築学会,437-438,2004.8

岩本宜式,村尾修:川崎市における災害時のコンビニエンスストア活用に関する研究,Research on the Efficacy to Make Use of Convenience Store when Disaster Strikes in Kawasaki,2004年度日本建築学大会(北海道)学術講演梗概集F-1,日本建築学会,799-800,2004.8

村尾修,都市の防災復興に関する知識体系と指標化のための防災復興相環モデルの試案,2004年度日本建築学大会(北海道)都市計画部門パネルディスカッション(1)「都市防災の教育と視覚化」資料,日本建築学会,51-56,2004.8

 

生産研究(生産技術研究所所報)
Bulletin of Earthquake Resistant Structure Research Center, IIS

村尾修,山崎文雄:兵庫県南部地震の被害分析 −その3 灘区における建築物被害のマクロ分析−,Analysis on Seismic Damage due to the Hyogoken-Nanbu Earthquake, - Part 3 Macro-analysis on Building Damage in Nada Ward -,生産研究,49巻6号,21-24,1997.6

村尾修,山崎文雄:兵庫県南部地震の被害分析 −その5 GISを用いた灘区の建築物被害分析−,Analysis on Seismic Damage due to the Hyogoken-Nanbu Earthquake, - Part 5 Analysis on Building Damage in Nada Ward using GIS -,生産研究,49巻8号,30-33,1997.8

村尾修,山崎文雄:兵庫県南部地震の被害分析 −その9 北淡町における建築物被害のマクロ分析−,Analysis on Seismic Damage due to the Hyogoken-Nanbu Earthquake, - Part 9 Macro-analysis on Building Damage in Hokudan-cho -,生産研究,49巻12号,43-46,1997.12

村尾修,中埜良昭,山崎文雄:生産技術研究所防災マニュアル作成に関する考察,A Consideration on Effective Disaster Management Manual of IIS, University of Tokyo,生産研究,50巻2号,25-28,1998.2

村尾修,山崎文雄:兵庫県南部地震の被害分析 −その10 建築年代を考慮した木造建物被害に基づく灘区の地震動分布−,Analysis on Seismic Damage Due to the Hyogoken-Nanbu Earthquake, - Part 10 Estimation of Strong Ground Motion in Nada Ward based on Building Damage Data -,生産研究,51巻2号,17-20,1999.2

村尾修,田中宏幸,山崎文雄,若松加寿江:兵庫県南部地震の実被害に基づく建物倒壊危険度評価法の提案,New Method for Building Collapse Risk Evaluation based on Damage Data due to the 1995 Hyogoken-Nanbu Earthquake,生産研究,51巻11号,17-20,1999.11

Murao, O., Tanaka, H., and Yamazaki, F.: "Method of Building Collapse Risk Assessment based on Actual Damage Data due to the 1995 Kobe Earthquake," Bulletin of Earthquake Resistant Structure Research Center, No. 33, 129-138, Institute of Industrial Science, University of Tokyo, 2000.3

村尾修:都市解析手法に関する最新技術研究の視察および適用事例の調査 −平成12年度三好研究助成調査報告−,The Investigations on the Latest Information Technologies and Its Application in USA related to the Method of Urban Safety Analysis and Environmental Design,生産研究,52巻12号,52-55,2000.12

吉村美保,村尾修,宇治田和,丸山喜久,ガブリエル・カジェ:2001年芸予地震被害調査報告,Quick Report on the March, 24, 2001, Geiyo Earthquake,生産研究,53巻7・8号,95-98,2001.7・8

Kohiyama M., Ujita N., Murao O., Kato, T., and Yamazaki, F.: "Evaluation of Seismic Diagnosis Methods for Wooden Housing from Viewpoint of Web Service," Bulletin of Earthquake Resistant Structure Research Center, No. 36, 71-80, Institute of Industrial Science, University of Tokyo, 2003.3

 

調査報告等

村尾修(共著):地震時被害推定・対応システムの開発に関する研究(その2)平成8年度報告書,地震予知総合研究振興会,p. 182,1997.3

村尾修(共著):地震時被害推定・対応システムの開発に関する研究(その3)平成9年度報告書,地震予知総合研究振興会,p. 220,1998.3

村尾修(共著,研究代表者 山崎文雄):社会基盤システムの実時間制御技術,平成8,9年度科学研究費補助金(重点領域研究)研究成果報告書,p. 251,1998.3

村尾修(共著):KOBEnet活動記録集 「阪神・淡路大震災の復旧・復興支援のための研究者連絡会」3年半の歩み,p. 342,1998.8

村尾修(共著,研究代表者 山崎文雄):社会基盤システムの実時間制御技術,平成10年度科学研究費補助金(特定領域研究)研究成果報告書II,p. 246,1999.3

Yamazaki, F., Nakano, Y., Meguro, K., and Murao, O.: "KOBEnet, A Voluntary Information Network for Earthquake Disaster," Report on 1995 Kobe Earthquake, INCEDE Report, 1999-03, INCEDE, ERS and KOBEnet, 1-10, 1999.3

村尾修(共著,研究代表者 山崎文雄):社会基盤システムの実時間制御技術,平成10年度科学研究費補助金(特定領域研究)研究成果報告書III,p. 319,2000.3

市古太郎,福留邦洋,林泰義,村尾修,野澤千絵,照本清峰,王雪文:台湾大地震における被災地復興の実態と課題,Report on inhabitant reconstructing activities after the 921 earthquake in Taiwan,都市計画,日本都市計画学会,No. 226,83-89,2000.8

村尾修(共著):台湾大地震(921集集地震)復興調査報告書,日本都市計画学会防災・復興研究委員会,110,2000.9

村尾修(共著):平成13年度科学技術振興調整費緊急研究開発等,米国世界貿易センタービルの被害拡大過程・被災者対応等に関する緊急調査研究,2002.12

 

一般雑誌その他

村尾修:裏リーグの舞台裏 −都市の26のメタファー達−,建築文化,彰国社,10-12,1994.11

村尾修,村上處直:都市環境生態システムの構築ヘ 防災モデル都市の必要条件,Urban Environmental Organic System,都市問題,東京市政調査会,vol. 86,No. 8,69-80,1995.8

村尾修:建築デザイン会議 '95 IN YOKOHAMA建築の想像力 未来空間ミュージアム宣言 ドックヤードガーデンの11日間,1995.10.

村尾修:大震災時に生きる公共空間,教育と施設,文教施設協会,No.51冬,.64−65,1995.12

村尾修,村上處直:災害に強いまちづくり −環境道路による都市の将来構造−,公衆衛生,医学書院,vol.60,No.4,13−17,1996.4

村尾修:第2回災害情報収集・安全対策シンポジウム −阪神・淡路大震災から1年− 開催後記,月刊消防,東京法令出版,vol. 18,No. 5,1996.5

村尾修:世界の公共空間と公共性の意義,Public Space in the World and Significance of Public Spirit,アーバン・アドバンス,名古屋都市センター,No. 12,11-19,1998.12

山崎文雄,村尾修,目黒公郎,中埜良昭:災害情報の共有化を目指して ―KOBEnetの活動記録の紹介―,建築防災,日本建築防災協会, No.255,14-19,1999.4

読売新聞2000/1/11夕刊,「東京23区地震時倒壊 危険度東西でくっきり

村尾修:政府の対応と復興計画(台湾集集地震),報告 きんもくせい,阪神大震災復興市民まちづくり支援ネットワーク,No. 13,2,2000.4

村尾修:2000年度日本都市計画学会学術研究論文発表会ワークショップ報告−21世紀の防災都市研究の展望−,都市計画,日本都市計画学会,No. 229,137-138,2001.2

村尾修(編集,共著)日本都市計画学会防災・復興研究委員会:防災・復興研究委員会2000年度活動報告書,p.279,2001.3

村尾修:自己生成する力 −フレッシュマン・セミナーでの試み−,筑波フォーラム,No. 60,2001.11

村尾修(共著)日本都市計画学会防災・復興研究委員会:防災・復興研究委員会2001年度活動報告書,p.120,2002.3

南投焦點・総合報新聞2002/8/14朝刊,「人物春秋」,2002.8

村尾修(共著):日本都市計画学会防災・復興研究委員会:防災復興研究委員会2002年度活動報告書,p.131,2003.3

村尾修:特集記事 東京の壊滅と再生 1923-20XX,自然災害科学,自然災害学会,22-4,319-353,2004.3
<<PDF: 6,010KB>>

村尾修:Tokyo from 2003 to 1923,自然災害科学,自然災害学会,22-4,319-331,2004.3(上記特集の内容)
<<PDF: 6,010KB(上記PDFファイルと同一>>

かわぐちかいじ,村尾修:日本列島崩壊と再生のビジョン,自然災害科学,自然災害学会,22-4,339-353,2004.3(上記特集の内容)
<<PDF: 6,010KB(上記PDFファイルと同一>>

村尾修(共著):日本都市計画学会防災・復興研究委員会:防災復興研究委員会2003年度活動報告書,p.187,2004.3