PDFファイル:ダウンロード

兵庫県南部地震の実被害データに基づく建物被害評価に関する研究

Study on Building Damage Estimation based on the Actual Data due to the 1995 Hyogoken Nanbu Earthquake




「兵庫県南部地震の実被害データに基づく建物被害評価に関する研究」

PDFファイル構成
(A4版266頁,合計容量:6.78MB)

 

PDFファイルは以下の構成となっております.

「00−Readme」以外の28ファイルを番号順に並べることにより,印刷された博士論文とほぼ同様のものが完成します(ただし「21−付録1」は省略されています).

下記の各項目をクリックすることにより,PDFファイルがウィンドウ上に開かれます.必要に応じてダウンロードしてください.

PDFファイルはAdobe Acrobat 4.0で作成されているため,ファイルを読むためには,4.0版以上のAcrobat Readerが必要です.Acrobat Readerの最新版は下記のサイトからダウンロードできます.

Get Acrobat Reader

 

 

00−Readme(2頁,11KB):ファイル構成と簡単な説明

01−表紙(1頁,7 KB):博士論文表紙

02−はじめに(1頁,12 KB)

03−論文要旨(4頁,47 KB)

04−著者略歴(1頁,9 KB)

05−研究業績一覧(3頁,23 KB)

06−目次(2頁,14 KB)

07−図目次(5頁,20 KB)

08−表目次(1頁,11 KB)

09−タイトル(1頁,7 KB)

10−第1章(13頁,64 KB):序論

11−第2章(23頁,424 KB):兵庫県南部地震における建物被害調査の比較検討

12−第3章(19頁,293 KB):調査法が異なる場合の建物被害評価変換法

13−第4章(23頁,665 KB):灘区における建物被害のマクロ分析

14−第5章(22頁,594 KB):兵庫県南部地震における灘区の地震動分布の推定

15−第6章(18頁,215 KB):構造別・建築年代別を考慮した建物被害関数

16−第7章(29頁,908 KB):実被害データに基づく建物倒壊危険度評価法の提案

17−第8章(38頁,1,835 KB):防災環境都市デザインのビジョン

18−第9章(5頁,21 KB):結論

19−最終章表紙(1頁,9 KB)

20−参考文献(4頁,23 KB)

21−付録1(省略)(14頁,18 KB):兵庫県南部地震後の各地の建物被害調査票

22−付録2(7頁,36 KB):灘区の町丁目データ(全壊率/PGV/建物倒壊危険量/建物倒壊危険率)

23−英語Fragility(12頁,191 KB):建物被害関数に関する英語論文

24−英語Risk(8頁,768 KB):建物倒壊危険度に関する英語論文

25−英語MUSE(6頁,424 KB):MUSEに関する英語論文

26−謝辞(3頁,18 KB)

27−MUSEpicture(1頁A3,303 KB):MUSEの画像

28−裏表紙(1頁,27 KB)